製品(グローバル主力品)

エーザイグループが最も強みを持つニューロロジー領域とオンコロジー領域に立脚し、サイエンスに基づくソリューション(新薬)創出を推進しています。

エーザイでは、「ハラヴェン®」、「レンビマ®」、「フィコンパ®」(英語製品名:Fycompa®)、「デエビゴ®」(英語製品名:Dayvigo®)をグローバルブランド品目として、適応拡大・剤形追加による患者様価値の増大にも注力しています。

ニューロロジー領域においては、自社創製の抗てんかん剤「フィコンパ®」が部分てんかんの併用療法に対して日本、米国、欧州、中国、アジアなど、70カ国以上で承認を取得しています。また、日本、米国、中国では、4歳以上のてんかん患者様の部分発作(二次性全般化発作を含む)に対する単剤療法および併用療法での承認を取得しています。全般てんかんの強直間代発作の併用療法の適応についても、日本、米国、欧州、アジアなど70カ国以上で承認を取得しています。不眠症治療剤「デエビゴ®」は不眠症に係る適応において、日本、米国、アジアなど10カ国以上で承認を取得しています。

オンコロジー領域においては、自社創製の抗がん剤「ハラヴェン®」が乳がんに係る適応で80カ国以上、悪性軟部腫瘍に係る適応で、80カ国以上で承認されています。また、同じく自社創製の抗がん剤である「レンビマ®」が甲状腺がんに係る適応で、米国、日本、欧州ならびにアジア等の80カ国以上で承認されています。また、肝細胞がんに係る適応で、日本、米国、欧州、中国、アジアなど75カ国以上で承認を取得しています。さらに、胸腺がんに係る適応で、日本で承認を取得しています。腎細胞がんに対するエベロリムスとの併用療法に係る適応で、米国、欧州等の60カ国以上で承認を取得しています。ペムブロリズマブとの併用療法について、子宮内膜がんに係る適応で、日本、米国、欧州、アジアなど45カ国以上で承認を取得しています。同じくペムブロリズとの併用療法について、腎細胞がんに係る適応で、日本、米国、欧州、アジアなど35カ国以上で承認を取得しています(欧州での腎細胞がんに係る製品名:Kisplyx®)。

(2022年5月現在)

主力品情報

販売地域
グローバルブランド製品
ハラヴェン(抗がん剤)
レンビマ(抗がん剤)
フィコンパ/Fycompa(抗てんかん剤)
デエビゴ/Dayvigo(不眠症治療剤)


日米欧中アジア
日米欧中アジア
日米欧中アジア
 
日米アジア

ヒュミラ(ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体) 日本、韓国

(2022年5月現在)

地域別 主力品情報

日本医療用医薬品
ヒュミラ(ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体)
デエビゴ(不眠症治療剤)
メチコバール(末梢性神経障害治療剤)
レンビマ(抗がん剤)
ハラヴェン(抗がん剤)
ケアラム(抗リウマチ剤)
パリエット(プロトンポンプ阻害剤)
アリセプト(アルツハイマー型、レビー小体型認知症治療剤)
ルネスタ(不眠症治療剤)
エレンタール(成分栄養剤)
グーフィス(慢性便秘症治療剤)
リリカ(疼痛治療剤(神経障害性疼痛・線維筋痛症))
フィコンパ(抗てんかん剤)
一般用医薬品等
チョコラBBグループ(ビタミンB2主剤「チョコラBBプラス」等)
米州
レンビマ(抗がん剤)
Fycompa(抗てんかん剤)
ハラヴェン(抗がん剤)
Banzel(抗てんかん剤)
Dayvigo(不眠症治療剤)
中国 レンビマ(抗がん剤)
メチコバール(末梢性神経障害治療剤)
強力ネオミノファーゲンシー/グリチロン錠(肝臓疾患用剤・アレルギー用剤)
パリエット(プロトンポンプ阻害剤)
アリセプト(アルツハイマー型認知症治療剤)
ハラヴェン(抗がん剤)
Fycompa(抗てんかん剤)
欧州 レンビマ/Kisplyx(抗がん剤)
ハラヴェン(抗がん剤)
Fycompa(抗てんかん剤)
イノベロン(抗てんかん剤)
アジア・ラテンアメリカ アリセプト(アルツハイマー型、レビー小体型認知症治療剤)
レンビマ(抗がん剤)
ヒュミラ(ヒト型抗ヒトTNFαモノクローナル抗体)
パリエット(プロトンポンプ阻害剤)
メチコバール(末梢性神経障害治療剤)
ハラヴェン(抗がん剤)
Fycompa(抗てんかん剤)
  • アリセプトのレビー小体型認知症の適応は日本、フィリピン、タイです。
  • EAファーマの取り扱い製品です。

(2022年5月現在)