知的財産への取り組み

知的財産の保護・強化

独自に開発した技術や製品を法的に保護し、有効活用することは、企業が持続的に成長・発展し、患者様へ安定して医薬品をお届けするために欠かすことのできないものです。そのためエーザイでは、特許取得など、知的財産に関する諸活動を戦略的に進めています。

1.知的財産活動

知的財産部は、国内外創薬拠点に知的財産担当者を配置し、創薬部門の各グループと緊密に連携しながら、特許、商標、意匠、著作権等の知的財産に関わる活動をグローバルに展開しています。出願、権利化の過程ならびに先行技術調査等では、現場と密接に連携して活動しています。さらに、新規技術や有望化合物の導入時には、関連組織と連携し、着実な権利化による保護やコンプライアンスに則した確認を行っています。

2.創薬活動と知的財産戦略

医療用医薬品候補の化合物などを保護する物質特許に加え、有効成分の用途・製法・製剤・中間体などの成果についても、発売後の医薬品が適切に保護されるよう創薬部門と連携して戦略的な特許出願と権利化に注力しています。創薬活動におけるスクリーニング方法やバイオマーカーの測定方法なども含め、最適なパテントポートフォリオマネジメントをめざしています。 また、エーザイでは他社特許調査についても知的財産戦略の上で重要と位置づけ、第三者の権利の尊重にも十分に配慮を行っています。

3.ライセンス関連活動の事業への貢献

エーザイは、特許権そのもののライセンス料から収益を上げることよりも、事業収益を確保する手段としての特許化に重点をおいています。
一方、医薬品アクセスが困難な地域で特異に発生する病気の治療薬については、積極的にライセンス活動を実施しています。特に、顧みられない熱帯病(NTDs)に関して、特許を外部に開放し、広い範囲のパートナー機関と目標やコミットメントをともにして、アイデアや技術、そして知を統合することにより、もっとも効率的に創薬研究を進めることにも挑戦しています。

4.特許

エーザイでは、創薬活動により得られた成果を守るために積極的に国内外特許出願を行っています。一方、リソースを効果的に運用すべく、海外への特許出願の要否や出願国については、各発明の重要性を十分に評価しながら決定しています。

5.商標

エーザイは、すべての医薬品について患者様に支持される商品名を開発し、それらを商標権によって保護しています。また、マーケティング部門と連携して、ブランド戦略をグローバルに展開しています。