ここから本文です

研究開発(創薬研究)の流れ

 創薬研究とは文字通り、薬を創り出す研究で、「探索研究」「開発研究」「臨床研究」の3段階からなります。探索研究は、創薬プロセスの上流に位置し、有用性の高い新規化合物の探索・創出をはじめ、最新技術による創薬研究へのアプローチや社外リソースを活用した基礎研究も行っています。探索研究により創出された候補化合物は、開発研究のステージへ進みます。ここでは、世界各国における医薬品申請・承認取得へ向けて、候補化合物の物理化学的・生物学的性質の把握と評価、品質や安全性の保証、大量合成・製剤化などの工業化研究が行われます。続いて、大部分の開発研究を経た候補化合物は、臨床研究へ進み、フェーズI試験からフェーズIIIにいたる3段階の臨床試験を経て、国による承認を得たものが新薬として上市(発売)されます。

創薬プロセスと研究活動

*発売後も薬の情報は集められより適正な薬の使用や様々な改良、新薬の開発へと活かしていく育薬研究が行われます。

関連リンク

※研究開発の進捗の詳細は決算短信及び参考資料の研究開発の項目をご覧ください。